FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.08 (Wed)

ユラとシオンの物語の続きをどうぞ~☆★☆

(あたし達はどうしたらいいの?)


すると後ろからぎゅっと誰かの腕に抱き寄せられた。
言葉を発しなくてもすぐにシオンだと分かった。
駄々っ子がするようにユラをキツク抱きしめて離さない。


(シオン。何拗(す)ねてるの?アロフがそんなに気に食わない?)
(オレはあいつ嫌いだ。)
クスクス笑いながらユラはシオンの拘束を解く。
(そんなに気にすることなんてないのに、ヤキモチ焼きね?!)
(そうだよ・・・ユラと片時も離れたくない。)


ふっと強い瞳が柔らかくなり、口元には笑みがこぼれていた。
花の蕾(つぼみ)みがほころんだように―


(離れないから大丈夫よ。あの二人の所に行きましょうか。)


そよ風の中、黒豹のごとき少年と、
うら若き乙女がお互いを見つめあう姿はまるで恋人同士のようだった。


その間何人たりとも二人を邪魔するものはいなかった。
足を止めて見る者もいればおしゃべりを止める者も、二人の光景から目が
離せなかったのだ。
物語の中から抜け出てきたかのような光景がそこにあったから―
ため息が出るほどに夢に見るほどに甘くセツナイ。



【More・・・】

「だからお前は何にも心配しなくていいんだよ。」
「でも、アロフその人たちに悪いわ・・・・・」
「そんなことない!赤の他人なんだから、それよりもっと喜べ。
お前のご両親も大喜びするぞ。」


嬉しそうにはしゃいでいるアロフとは反対にその子は思いつめた顔をしている。


「楽しそうなとこ悪いんだけど―」
頬を蒸気させ嬉そうに話しているアロフに申し訳ないと思いつつ
ユラは二人の話に割って入った。急に話しに割って入られて一瞬ムッとした顔をしたが、
ユラだと気づき自分が道案内をかってでたことを思い出して狼狽(ろうばい)してしまう。


「お嬢さん!すっかりほって置いちまって悪いな。
こいつは俺の幼馴染のマリカ、おてんばでそそっかしい奴なんですよ。そいで、
マリカこのお嬢さん―」
「あたしはユラ。あたしの後ろにいるのが幼馴染のシオン、タナドの町から来たの。
よろしくね、マリカさん。」


アロフがせっかく紹介している途中なのにも関わらず、勝手に名乗りユラは
控えめな目の前の女の子に握手を求めた。
おずおずと手を差し出し握手をすると照れたように
見上げてくる様子があまりにも可愛かったので思わず抱きしめたいという衝動に
駆られたが、
初対面の女の子を可愛いからといって抱きしめるのはやはり気が引ける。


そんなユラの格闘を知ってか知らずか、
マリカは大きな丸いこげ茶色の瞳で可愛く小首をかしげた。


「どうかなさいました?」
「年の近い女性と話をあまりしたことがないので対応に困っているんですよ、
軽く流してくれてかまいませんから。はじめまして、マリカ嬢。」
見かねてシオンは助け舟を出すようにそう言うと、ヒラリと軽やかに彼女の前で
立て膝をつくと、慣れた様に手を取りその白い手の甲に口づけた。
アロフのときとは明らかに対応が違う。


紳士的に、そして少し強引な少年の態度に女の子なら誰でも、
自分がお姫様か何処かの高貴なる者になったかのような気分にさせられる。
引きつったような笑顔でアロフは二人の間に入るが、
そんな様子にシオンはどこ吹く風、全然気にすることなく膝の土を払いながら立つ。


「オレはマリカ嬢に失礼なことをした覚えはないのだが?男なら女性を大切に
するのは当たり前だろう。」
目をアロフの方に向けると、視線がぶつかり音をたてずにお互い火花を散らしあう。
先にそらしたのはアロフのほうだった。


真っ直ぐに自分を見据えてくるシオンに気おされて―
そらすつもりは全くなかった。心ではそう思っていたはずなのに
体が自分の意思を拒絶した。
スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

20:07  |  小説  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>み~ちゃんへ

み~ちゃんおバカって・・・・・(笑)
意外とキレるってなんだぁ~Σ(・ω´・ノ)ノェェェ!!!

み~ちゃんは一体
あたしのことどう見てるのかな?(笑)


>ゆかちゃんへ

甘いのぉ????
それは知らなかった・・・・・・

ユラとシオンがどうなっていくかはあたしにも
予測不可能(笑)
でも、ゆかちゃんが楽しんでくれてるから
よかったぁ マヂ*。.+゚(つД`。)゚+。.*ウレスィ

>白りんへ

白りん何で涙が出そうなの????(笑)
そうかぁ!!!
白りん涙腺弱いんでしょぉ~

このこの~(*´・ω・`)σ;・ω・)プニッ
緋夜璃 |  2008.10.09(木) 18:23 | URL |  【コメント編集】

やるなぁーww

おっさん涙出てきそうだわw
白欄 |  2008.10.09(木) 17:29 | URL |  【コメント編集】

緋夜璃さんが書くと、やっぱりあまぁい♪
感じになりそぉ~ですネ!

ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
ユカ |  2008.10.09(木) 00:22 | URL |  【コメント編集】

ひよよ・・・
おバカかと思ったら意外とキレるのね(*^-^)ニコ
み~み~ |  2008.10.09(木) 00:21 | URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hikarinonakade.blog18.fc2.com/tb.php/114-801d543a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。